2017年9月19日 更新

【季節の着物】秋の装いをチェックしちゃいましょう☆彡

夏物の季節も終わり、まだまだ暑いですが季節の先取りということで秋らしい着物が着たくなる時期ですね!可愛い秋着物を調べてみました!

着物の柄選び

和装の柄選びの基本は季節の先取りです。
季節の少し先を装うことが粋とされています。
それでは秋は具体的にどのような柄があるかを見ていきましょう。
・秋の柄:9月から11月

柄:紅葉・萩・桔梗・撫子・山茶花など
秋の着物に使われる柄になります。
季節の先取りが基本ですが、後取りにならない程度で季節外れの柄を着るということではないのでやはり秋の植物が多いです。
それでは代表的な柄を見ていきましょう!

紅葉

 (8183)

やはり秋といえば紅葉ですね!
紅葉柄の着物は鮮やかな色合いで華やかなものから落ち着いた大人っぽいものまでいろいろな表現があって魅力的です♡
ちなみに緑の葉の紅葉は夏の柄なので注意しましょう。
 (8188)

鮮やかな紅葉が目を引く帯は一気にコーディネートを引き締めますね
 (8187)

このように大人っぽく紅葉を着こなせる着物も素敵ですね!

 (8197)

皇室の御紋にも使われている、とても高貴な花。菊には浄化、厄除けの作用があるとされ、邪気を払う縁起物として尊ばれてきました。
菊模様は秋のお花なのでやはり秋がメインですが、通年着ることもできます。
またお花としての季節は秋ですが、着物の柄としてはお正月などにもよく着られています。
 (8195)

このように菊と共に桜が柄にる場合は春秋柄と言われどちらの季節でも着用することができます、
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

きなこ きなこ