2015年12月29日 更新

【きて、みて、あそぶ】"2015 きものサローネin日本橋"に行ってみた♪

大盛況のうちに幕を閉じた、2015 きものサローネin日本橋。きものの展示だけでなく、和文化体験、ファッションショー、コンサート、トークイベントなども行われ、多くのきものファンの心を掴みました。今回は最終日に行われた「IMAGINE ONEWORLD KIMONO PROJECT」のショーを中心にレポートしました!

きものサローネin日本橋 とは?

 (2387)

きものサローネin日本橋 とは、「きもの」を楽しむ国内最大規模のファッション&カルチャーイベント。
2012年から始まったこちらのイベントは、前年度来場者が延べ7,000人を超え、今回も多くの来場者で賑わいました。
 (2392)

今年のテーマは、「きもの、いきもの / きて、みて、あそぶ」。
「open mind/fashion/enjoyment」なイベントとして、きものの展示だけでなく、
和文化体験、ファッションショー、コンサート、トークイベントなども行われ、
きものファンから和文化に興味を持ち始めたばかりの方まで、楽しめる内容となっていました。
 (2388)

今回は、中でも多くのきものファンから注目を集めた、
「IMAGINE ONEWORLD KIMONO PROJECT」のショーを詳しくレポートしていきます♪

ショーを彩ったKIMONOの魅力に迫る!

 (2383)

袖がひるがえるたび、違う表情を見せる——
一時も目を離せないほどの美しさ。

今回私たちが目にしたのは、まさに”三次元の芸術”としての着物でした。
日本伝統文化の華であり象徴と言える「KIMONO」 美しい四季の自然を映すデザイン、真面目で勤勉な民族性による高い工芸技術、制約された形の中に自由を求める意匠、世界中の美を受け入れてきた柔軟性。それが「KIMONO」です。
 (2398)

世界196か国をイメージした196着のきものと帯を制作し、
”世界はきっとひとつになれる”というメッセージを発信する
「IMAGINE ONEWORLD KIMONO PROJECT」。

制作を手掛けるのは、日本を代表する名工たち。
最高峰の染め織り技術を結集して作られたKIMONOは、
見る者を非日常の世界に誘います。
 (2433)

196か国のKIMONOが一つの場所に集まる。
想像するだけで胸が高鳴る、壮大なプロジェクトです。

今回のショーでは、今年度制作されたばかりの4か国を含む、
12か国のKIMONOがお披露目されました。
それでは、今回初めて発表された、4ヵ国のKIMONOをじっくりと見ていきましょう!

①英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)

 (2399)

背に大きく描かれたユニオンジャック、それを彩るイングリッシュガーデンの花々。
きものを染め上げた美しいロイヤルブルーは、上品で高貴な国の象徴。

落ち着きがありながら、華やかさを失わないきものは、
他に決して埋もれることのない凛とした存在感を放っていました。
 (2400)

こちらのきものの特徴は、イギリスを代表する数々の作品からインスパイアされた絵柄が散りばめられている点です。
シャーロックホームズ、シェイクスピア、不思議の国のアリスなど、誰もが知っているなじみ深い絵柄がちらりとのぞきます。
 (2402)

②フィリピン共和国

 (2404)

椰子の林に差し込む太陽の色、風の通り抜ける音。
制作者である中町氏が実際にフィリピン共和国を訪れて感じたものが、
加賀友禅の美しいきものにありありと映し出されています。
 (2406)

耳を澄ませば、椰子林が風を受ける音が聴こえてくるよう。
 (2407)

博多織の帯は、大きな椰子の葉を裁断した文様と、
屋根の裏に組まれた椰子の文様を繋ぎ合わせた、鮮やかな色合いのデザイン。

また、ジャスミンの花に太陽の光を映して時間の経過を表現するという、
斬新なアイディアも盛り込まれています。

③インド

 (2420)

燦燦と輝く太陽が、いきいきと描かれたインドの生命を照らします。
インド象、クジャク、タージマハルなど、
インドのモチーフである様々な絵柄がきものを華やかに彩っています。
 (2421)

こちらは、東京都中央区立泰明小学校の4年生の生徒さんと協力して制作されたものです。きものには、子どもたちが描いた「更紗」がすべて載せられています。
子どもたちのあふれる活力や無邪気な明るさが、インドのはつらつとみなぎる生命力と交差します。
 (2422)

帯のテーマは「豊穣の楽園」。
エキゾチックな明るい配色で織り上げられた花々には、鳥が飛び交い、豊かな自然を表現。
自然へのリスペクトを存分に感じられる作品となっています。

④ジョージア

 (2425)

印象派の絵画のようなタッチで描かれた、美しい葡萄畑。
微妙な光の質感の変化が、巧妙に表現されています。

絵画的な表現を得意とする中来田氏と、小紋調のデザインが得意な山下氏、
二人の名工が共同で制作したのがこちらのKIMONO。
 (2426)

ジョージアの産業の要であるワインの”葡萄”が柔らかいタッチで描かれています。

そしてその陰にたたずむのが、キリスト教をジョージアに伝えたとされる”聖人ニノ”。
天才画家ピロスマニの有名な恋物語から連想した光景は、
ロマンチックでどこか幻想的な雰囲気を醸し出しています。
 (2427)

KIMONOの魅力を世界に、日本に

 (2437)

 きものを見て息をのんだ経験はあるでしょうか。

今回「IMAGINE ONEWORLD KIMONO PROJECT」のショーを見学し、
最高峰の技術をもって制作されたKIMONOを目の当たりにしました。

そこで思ったのは、
”私はまだ「きもの」というものを、本当には知らなかったのではないか”ということでした。

これまで”着るもの”として考えていたきものが、”見るもの”として輝きを放つ瞬間。
息をのむ程の美しさに、私たちは愕然としました。
それと同時に、世界はもちろん日本にも、きものの本当の魅力を知らずにいる人は多くいるのではないかと感じました。
 (2435)

「IMAGINE ONEWORLD KIMONO PROJECT」は、世界にきものという日本文化を発信するとともに、日本人に再び自国の文化の素晴らしさを知ってもらうものでもあると思います。
様々な可能性を持つ「KIMONO PROJECT」を、これからもあたたかく見守って、応援していきたいですね。
Facebook:
きものサローネin日本橋 https://www.facebook.com/salone2013/
KIMONO PROJECT by イマジン・ワンワールド https://www.facebook.com/imagineoneworld

関連する記事 こんな記事も人気です♪

”文化を着る”ということ~一般社団法人 代表理事 高倉氏に聞く

”文化を着る”ということ~一般社団法人 代表理事 高倉氏に聞く

着物で世界をつなぎ、もてなす ”KIMONO PROJECT”。その奥に秘められた、”文化としての着物”への強い想いに迫る。
なみ | 2,363 view
きものスナップ第一弾!着物美人さんがいっぱい♪@きものサローネin日本橋

きものスナップ第一弾!着物美人さんがいっぱい♪@きものサローネin日本橋

2015きものサローネin日本橋で出会った、素敵な着こなしの着物美人さんたちを特集しました♪
なみ | 4,827 view
【海外でも大人気!!】世界に広がるKIMONO(着物)の魅力

【海外でも大人気!!】世界に広がるKIMONO(着物)の魅力

もはや着物文化は日本だけにとどまりません!! 世界中からラブコールを受ける最新KIMONO事情をお伝えします♪♪
なみ | 50,402 view
日本のKIMONO(着物)が世界で注目される3つの理由

日本のKIMONO(着物)が世界で注目される3つの理由

日本文化を代表するものとして「着物」があります。最近では、安く手に入れられるものもあるので普段着の感覚で着る日本人も増えています。 そんな日本の誇り「着物」が世界で魅了される理由について紹介します。
ウキシマ | 679 view
【入学式・卒業式の着物】TPOに合った着物をCHOICE!

【入学式・卒業式の着物】TPOに合った着物をCHOICE!

これからの時期、お子さんの入学式や卒業式のシーズンですよね。でも、そういう時ってどんな着物をきればいいんだろう…?そんな疑問を解決します!
きなこ | 3,571 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

なみ なみ

この記事のキュレーター

なみ