2018年6月7日 更新

初心者さんに!着物小物の基礎知識

初めて着付けを頼んだけれど、着物小物ってどうやって用意するの……😨 今回はそんなお悩みに答えます🌸

着物の着付けを頼むと、「当日これを持参してください」と言うリストをもらいますね。
しかし、成人祝いなどで着物を初めて着る方にとって、小物を一から自分で用意するのはとても大変……😨
そこで今回は、着物初心者さん向けに着物小物の種類をご紹介します!

肌襦袢、肌着&裾除け

いわゆる下着となります。
肌襦袢は肌着とも言い、肌着は上半身に、裾除けは下半身に身につけます。
着物を汗から守るために吸水性の良いものを身につけましょう!

肌襦袢は着物着用時に襟元から見えないよう首の後ろが大きく抉れており、前も深めに空いているのが特徴です。
裾除けは腰回りは吸水性の良い綿、足回りは滑りの良いポリエステル素材がオススメです😃
きもの市場 (8912)

長襦袢

半衿、衿芯

長襦袢の襟元につけるものです。長襦袢に縫い付けます。
半衿の首元は地肌に当たる汚れやすい部分なので、こまめに取り外して洗濯しましょう👍

また、襟元の崩れを防ぐため半衿の下には衿芯を入れます。
半衿の下に縫い付けてしまう三河芯や後から差し込むプラスチック製のものなど種類があります。
半衿

半衿

白無地のものが基本ですが、このように華やかな柄がついたものもあります。
衿芯

衿芯

腰ひも

長襦袢の前合わせを留めたり、着物の丈を調整するのに使うベルトのような紐です。
3本は用意しておきましょう!
素材はズレにくいモスリンなどが使ってあると良いですね☺️
 (8922)

伊達締め

着物や長襦袢の前合わせがずれないように押さえる帯状のものです。
腰ひもより幅が広くなっています。
滑らず伸び縮みしない綿素材のものがオススメです👍
きもの市場 (8916)

前板

40 件

この記事のキュレーター

おんぬ おんぬ