2016年12月22日 更新

【オリジナル帯揚げを作ろう!】「木版染め体験with貴久樹」に行ってきました

帯からちょこっと出る帯揚げ。雰囲気を少し変えられたり、遊び心を取り入れられたりして便利かつ楽しいアイテムですよね。今回は、憧れきものブランド「貴久樹」さんが帯揚げの木版染め体験のお教室をされるということで、実際に行ってきました!

そもそも木版染めって…?

 (7269)

木版染めは、和紙でできた型紙を使用する型染めとは違い、
ホウやエゾツゲなどの3~10cmの小さな木片に型彫りを配した様々な柄の木版を、一つ一つ直接生地に押し染めるという技法です。
古くはインドに由来する、伝統的な染め方の一つですが、
残念ながら日本ではあまり知られていないようです。
 (7262)

今回、木版染めをご指導してくださったのは、憧れの着物ブランド「貴久樹」の糸川千尋先生です。

ちょうど1年前に「貴久樹」の付下げを購入したのですが、糸川千尋先生は覚えていてくださり、「あの付下げには、この色の帯揚げが似合うわよ」などのアドバイスもいただき、「貴久樹」ファンとしては大感激でした!
では、実際に「帯揚げ木版染め体験」で学んだ木版染めの方法をご紹介していきますね!

✡生地を選ぶ

沢山の色から帯揚げを選びます

沢山の色から帯揚げを選びます

まずは帯揚げの生地を選びます!
貴久樹らしい、柔らかい優しい色合いの帯揚げがずらり。
貴久樹オリジナルで染め上げた帯揚げとのこと。さすがです。
手触りも上質で、どれも素敵で目移りしちゃいます。
 (7245)

今回はグレーがかった上品なピンクを選んでみました!
まず下準備としてタオルの上にまっすぐ置きます。
タオルを敷くことによって染めやすくなるんです!

✡いよいよ木版を選びます!

木版に込められた意味

木版に込められた意味

説明書きにない木版も色々あったのですが、一部の木版には、込められた意味の説明がついていました!
なんだかお守りみたいで素敵ですね…!
 (7248)

実際の木版はこんな感じ。
色が既についていると、「この木版にはこの色だけなの…?」と疑問に思ってしまいますが、ウエットティッシュで拭けば、新しい色をつけられるので、選んだ木版にお好みの色がつけられます!
 (7249)

ではさっそく。
最初は表に出ない部分で練習してみます。
真ん中も表に出ませんが
一番端の部分は絶対に出ないので練習に最適です。
まずはこのお花の木版を使ってみます。
 (7250)

スポンジのインクをぎゅぎゅっとつけて、しっかり押します。
どうですか?
押す前のイメージと押した柄の印象が微妙に違ったりするので、
紙や帯揚げの端で試してから本番に向かうと良いみたいです。

☆ポイント☆

 (7252)

◎とにかくインクはしっかり隙間なくつける
◎押してからさらに押すイメージで、ぐりぐりと押す

ちゃんと押さないと柄がかすれてしまったりするので、ぎゅ!っと押すことが大事でした。

✡自分好みに仕上げていく

 (7254)

あとは好きな色、好きな柄を組み合わせて染めていくだけです!
真ん中は柄が出ない、端っこも出ない、などの注意点はいくつかあります。
ピンポイントで出したい柄やデザインがあるときは、染める前に帯揚げを折ってみて、自分にあてて、どこが出るか確認してみましょう!
 (7255)

このように、色の種類もたくさんあるので、同じ木版を使っても色合いの違いで楽しめるんです!
技ありテクニックも…

技ありテクニックも…

これはカラフルな色合いで染めた感じですね。
画像上部に黄色で丸をつけたところに注目してみてください。
木版の上半分にピンクを、下半分に緑をつけていて、さらに可愛らしいですね!
ちなみに、もう一つ注目してほしいのがその染めた位置。
ど真ん中なんです。着てみると見えなくなってしまうのですが、無地だとわかりにくい中心も、自分で目印のように染めておけば、便利かつ可愛いですよね!

完成したら…

完成したら、椅子などにかけて、他のものに色が移らないように注意しながら10分ほど乾かします。
できあがりです!

できあがりです!

乾かしたあとは、こんな感じで自分だけのオリジナル帯揚げとしていただけます。
嬉しいですね!
自宅に持ち帰ったら、当て布をしたうえで中温程度のアイロンをかけると
色が定着して良いそうです。
基本的に落ちない特殊なインクが使われているのですが、念には念を、ですよね。
みなさんも世界でたった一つのオリジナル帯揚げを、作ってみてはいかがでしょうか?
今回はスポットのイベントでしたが、リクエストが多ければ、またきっとお教室を開いてくださると思います!

イベント主催:京都きもの市場銀座店ご紹介

 (7273)

この素敵なイベントを主催して、取材協力してくださったのは、日本最大級の「着物」インターネット通販サイト「京都きもの市場」さんです。最近、きもの市場さんは通販だけでなく、実イベントにも力を入れていらっしゃいます。今回のイベントも銀座店での開催でした。

東京・銀座「京都きもの市場」クリスマスセールのご案内

関連する記事 こんな記事も人気です♪

いつものコーデをひと工夫!【帯揚げアレンジ】

いつものコーデをひと工夫!【帯揚げアレンジ】

きっちりと基礎の着付けを学んだらやっぱりアレンジも覚えたくなりますよね?今回は可愛い帯揚げの結び方を調べてみました!
きなこ | 2,442 view
帯揚げの種類

帯揚げの種類

コーディネートにアクセントを加える帯揚げ選び。見た目の可愛さも大切ですが、TPOによって基本のルールがあるんです!
きなこ | 2,832 view
【お洒落さん必見!】帯揚げアレンジでいつものコーデを格上げ☆

【お洒落さん必見!】帯揚げアレンジでいつものコーデを格上げ☆

いつもコーデがマンネリ化しがちなあなたは、帯揚げのアレンジで気分を変えてみては…??少しのアレンジで、一気におしゃれ上級者になれちゃうんです♪
なみ | 67,520 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あざか あざか

この記事のキュレーター

あざか